出雲市議会(2015年度第4回定例会 12月議会)文教厚生委員会が、2015年12月10日に開催されました。

この委員会の中では、出雲市行財政改革大綱に基づき、市内の公共施設のあり方を検討した結果、民間での運営が適している施設又は民間と競合する施設については、出雲市公共施設のあり方指針において、 民間事業者へ譲渡する方針が示された施設のうち、2つの施設について民間譲渡する主旨の議案が提出されました。
議案は文教厚生委員会に付託され、審査の結果、原案通り可決となりました。

平成26年~28年を行財政改革の集中改革期間と位置づけた出雲市にとって、施設の整理という点からは大きな一歩を踏み出す事となります。

議案の概要

議案番号 議案の名称 付託
委員会
議第87号 いずも福祉用具プラザの設置及び管理に関する条例を廃止する条例
出雲市行財政改革大綱に基づき、市内の公共施設のあり方を検討した結果、民間での運営が適している施設又は民間と競合する施設については、出雲市公共施設のあり方指針において、 民間事業者へ譲渡する施設と位置付けた
いずも福祉用具プラザについては、9 月 30 日から 11 月 16 日までの間、譲受希望者を募集し、選定委員会を経て、譲渡先を選定した。ついては、平成 28 年 3 月 31 日をもっていずも福祉用具プラザを廃止し、翌4月1日に当該施設を譲渡するため、本条例の廃止を行うもの。
文教厚生
議第88号 北山健康温泉保養施設の設置及び管理に関する条例を廃止する条例
出雲市行財政改革大綱に基づき、市内の公共施設のあり方を検討した結果、民間での運営が適している施設又は民間と競合する施設については、出雲市公共施設のあり方指針において、 民間事業者へ譲渡する施設と位置付けた
北山健康温泉保養施設については、9 月 30 日から 11 月 16 日までの間、譲受希望者を募集し、選定委員会を経て、譲渡先を選定した。ついては、平成 28 年 3 月 31 日をもっていずも福祉用具プラザを廃止し、翌4月1日に当該施設を譲渡するため、本条例の廃止を行うもの
文教厚生
議第89号 建物の無償譲渡について(いずも福祉用具プラザ)
出雲市行財政改革大綱及び出雲市公共施設のあり方指針に基づき、いずも福祉用具プラザを民間移譲するため
文教厚生
議第90号 建物の無償譲渡について(出雲市北山健康温泉保養施設)
出雲市行財政改革大綱及び出雲市公共施設のあり方指針に基づき、出雲市北山健康温泉保養施設を民間移譲するため
文教厚生

公共施設の見直し方針(2015年3月)では、全20施設について、民間譲渡の方針が示されました。
温浴保養施設は「民間での運営が適している施設又は民間と競合する施設」に合致するとし、市が保有する11施設中9施設が民間譲渡候補とされていました。
平成温泉(平成町)/ゆかり館(佐田町)/タラソテラピー(多伎町)/多伎いちじく温泉(多伎町)/ひかわ美人の湯(斐川町)/四季荘(斐川町)/国引荘(湖陵町)/クアハウス(湖陵町)/北山健康温泉(西林木町)

今回は、温浴保養施設の「北山健康温泉」、障がい者福祉施設の「福祉用具プラザ」について、次の手順で譲渡先の選定が行われました。

  1. 地元説明
  2. 地元の同意
  3. 譲受希望者を募集
  4. ヒアリング
  5. 選定委員会
  6. 譲渡先を選定

他の施設については、地元の同意が得られたものから、順次 譲受希望者の募集を開始するとの事

 

出雲福祉用具プラザの概要

  • いずも福祉用具プラザ

    いずも福祉用具プラザWebサイト

    建設年:1999年
  • 当初整備費:109,000,000円
  • 担当課:福祉推進課
  • 年間維持管理費:581万6千円(H25)
  • 年間利用料収入:0
  • 指定管理料:581万6千円(H25)
  • 一般財源所要額:581万6千円(H25)
  • 年間利用人数:2,870人(H25)
  • 利用者一人当たりの一般財源所要額:2,124円(H25)

  • 建物評価額:51,711,365円 = 無償譲渡
     ※取得費を元に経過年数を勘案し残存価格を算出
  • 土地評価額:24,630,000円 = 譲渡価格

用具も無償譲渡
同施設を利用し他のサービスを含め質の高いサービスの実施を計画

北山健康温泉の概要

  • 北山健康温泉

    北山健康温泉Webサイト

    建設年:2000年
  • 当初整備費:659,660,000円
  • 担当課:健康増進課
  • 年間維持管理費:約4,489万4千円(H25)
  • 年間利用料収入:約3,415万5千円(H25)
  • 指定管理料:977万7千円(H25)
  • 一般財源所要額:1,045万円(H25)
  • 年間利用人数:99,264人(H25)
  • 利用者一人当たりの一般財源所要額:105円(H25)

  • 建物評価額:123,977,217円 = 無償譲渡
     ※取得費を元に経過年数を勘案し残存価格を算出
  • 土地評価額:30,570,000円 = 譲渡価格

3年間は現在の利用料(入浴料等)を維持して欲しいという要望を譲渡先に出している
7,200万円収入見込む事業計画